香坂優タンゴサイト
◆香坂優タンゴサイト◆                      アルゼンチンタンゴ歌手 Yuu Kohsaka
アルゼンチンタンゴ 香坂優
facebook
プロフィール
レッスン
トピックス
リンク

 

2008年、日本・アルゼンチン修好110周年を記念する祝賀年に日本人タンゴ歌手の香坂優の総合プロデュースにより、
人間国宝新内奏者鶴賀若狭掾氏、著名な能楽師喜多流松井彬氏、そしてアルゼンチンより世界的なタンゴ奏者を招聘して
「情炎 タンゴ・能・新内が織りなす〜源氏物語」を東京・名古屋にて開催いたしました。

アルゼンチンで認められた唯一の日本人タンゴ歌手である香坂優は日本とアルゼンチンの文化交流の架け橋として
長年に渡り活動を続けてまいりました。
1998年の修好100周年には両国で開催された数々の公式イベントに参加し、
その年の12月に来日した前大統領カルロス・S・メネム氏の歓迎晩餐会では、
前総理小渕恵三氏よりすべての来賓にCD「ブエノスアイレスの香坂優」が贈られました。

今回の公演は日本とアルゼンチン両国の最も伝統的な文化である能および新内とタンゴの世界が持っている愛の情念をテーマに、
「源氏物語」を音楽・脚本を両国の巨匠が手がけオリジナル作品として(前年は源氏物語誕生1000年という記念すべき年)
斬新なスタイルで上演されました。
公演はアルゼンチン国立タンゴアカデミー・駐日アルゼンチン共和国大使館・テレビ朝日共催のもと、外務省ほか多数の後援を頂き、
平成20年度文化庁国際芸術後援支援事業、平成20年度東京都芸術文化発信事業として実施いたしました。

三隅治雄(芸能学会会長)、アルゼンチンの偉大な詩人であり芸術家のオラシオ・フェレール(国立タンゴアカデミー総裁) 、
コシノジュンコ(デザイナー)、オスカル・デ・エリア(国立タンゴオーケストラ監督・首席ピアニスト)など
両国の最高スタッフによる共同制作の舞台は、日本とアルゼンチンの伝統文化を再発見する良い機会になると共に
両国の文化交流を深め推進させることができました。 
この公演は新聞・雑誌などマスメディアでも多数取り上げられたほか、当日と翌日のNHKのニュースで取り上げられ話題となりました。

本公演は、引き続き2011年在亜日本大使館との連携で2010年のアルゼンチン建国200年祝賀イベントとして、
2011年1月29日・30日にブエノスアイレス市日本庭園(jardin japones)にてブエノスアイレス公演として再演いたしました。

ブエノスアイレス公演は構成をさらに進化させたものとなり、出演者は香坂 優(総合プロデュ―ス兼務)・喜多流シテ方松井 彬氏に琵琶奏者荒井 姿水氏を加え、アルゼンチン音楽はトリオ演奏で行いました。

両日とも会場は満席となり芸術関係者からは文化芸術の融合として高い評価を得ました。

 

 
 
 
Copyright (C) 2013 Yuukohsaka All right Reserved.